「理事長の想い」「教育理念」「目標」

理事長・園長 柿沼平太郎

保育園 園長 新谷洋子

理事長の想い

幼児期は生涯の人格形成の基礎を培う大切な時期です。
その大切な時期を担う幼稚園は、幼児教育の基盤である主体的な活動を通して生きるカの基礎を培う場でなければなりません。こどもにとっての主体的な活動とは"遊び"であり、"遊び"を通して感じ、考え、工夫をし、学ぶ。"遊び"を通して人に出会い、人間関係を深め、社会性の基礎を培います。

こどもにとっての遊びは大人の遊びとは異なり、娯楽や享楽的なものではありません。こどもにとっての遊ぴは生活そのものなのです。そして、こども達が日中の大半の時間を過ごす場所、生活をする場所が幼稚園になります。生活をする場所ですから、そこに存在する環境(入、モノ、コト)との関わりが重要になります。こども達が生活する場にどんな人がいるか、どんなモノがあるのか、どんなコトが起こるのかがこどもの発達にとって大きな意味となってくるのです。日本の幼児教育の父、倉橋惣三先生は著書幼稚園真諦のなかで"生活を生活で生活へ"という言葉を残しています。
様々な家庭や文化で育ってきたこども達が、こども本来の生活を通して社会生活への基礎を結う場所、それが幼稚園だと考えています。こども本来の姿ですから、大人には理解できないこともしますし、ケガもします。一人で遊ぶことも大切な時間ですし、自分と異なる存在であるお友だちとのケンカも必要な経験です。そうした幼児期にしか出来ない経験を通して、心の葛藤をし、力を合わせる大切さや相手を尊重する必要性も学びます。そうした経験がこども達に自信をもたせ、社会生活に必要なルールとなり、こども達の生きる力となっていくのです。

教育の最大の目的は生きる力を培うことです。その生きるカをしっかりと身につけるには、周りの大人の存在が不可欠になります。さくら幼稚園では、こども達の生きるカをより強いものにしていくために、こどもの世界を守り、こどもの社会を大切にし、こども本来の姿を表せるような環境をつくり、一人ひとりが自分の思いを表現しながら心身の成長を遂げていけるのような姿を目指し教職員がしっかりと協力体制を築き保育しています。

社会の宝であるこども逮が落ち着いて、それでいて活発に生活できる環境をつくり、保護者の方と一緒にこども達を大切に育てていきたいと考えています。

教育理念

『ここにいるっていいね、いっしょにいるっていいね』 — すべてのこどもの最善の利益のために —

●身のまわりに起こる様々な事に感謝をし、感じて、考えて、表せる心
●自分のことを大切にして、自信をもって生きる心
●自分の役割に責任をもって行おうとする心
●人の気持ちに寄り添い思いやれる心
●人と人とのつながりを大切にできる心
●命のつながりを感じられる心
●夢や希望を持ち続けようとする心

教育目標

  • 明るく元気な子
  • 心が豊かで優しい子
  • 友だちと仲よく遊べる子
  • 想像性豊かに表現できる子
  • 自分から進んでやる子

こどもむらの目指す姿

  • 認定こども園こどもむらの目指す姿
  • 保育プログラム
  • 食育・健康
  • 園外活動報告
  • 園長の想い・教育理念・目標

お問い合わせ

〒349-1121 埼玉県久喜市伊坂46
Tel.0480-52-5871
Fax.0480-53-3002